「半返し」という言葉を聞いたことがありますか。

婚約指輪を贈られた女性は、婚約指輪の半額程度の品物を婚約記念品をして、相手の男性へ贈るというのが半返しです。

この半返しを行なう、行なわないは、個人差や地域差もあり、必ずしも何かを贈らなければならないということではありませんが、相手への感謝の気持ちや、婚約に対する特別な気持ちを示すことができる機会でもあることから、多くの女性は、何らかの形でお返しを行なっているようです。

半返しという名前が付いていますが、婚約指輪の平均金額は20万円から40万円であることから、半額であっても、金銭的に厳しいとう女性も少なくありません。

もちろん、きっちりと半額程度のものを贈っている人もいますが、金額ではなく気持ちのほうが大切ですから、3分の1の金額や、それ以下の金額のものでも、出せる範囲で贈り物を選ぶといいでしょう。

婚約指輪の半返しには、長く使えるものがよく選ばれているようで、定番の品には、男性がいつも見につけていられる時計が挙げられています。

同様に、身につけていられるという理由から、ネクタイ、タイピン、カフスボタン、そして、実用的でもある財布や鞄も人気がある半返しの品物です。

また、趣味に関連している釣り道具や自転車などと、一見、婚約記念品には見えないものですが、男性に愛用してもらえる品物を贈る女性も見受けられます。

しかし、中には、半返しをもらうよりも、その分を結婚式にかかる費用や、これからの生活費にあててたいから、半返しはいらないとう堅実派の男性も見られるようです。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.